【Mac】Numbers「セルを結合」をショートカットキーに設定する方法

  • 2019年8月17日
  • 2019年9月12日
  • Mac

Macで表計算ソフトと言ったらNumbers。今までExcelを使っていた人は、おそらく操作方法の違いに迷ってしまってますよね。

普通の表計算をする分には困らないけど、ちょっと凝った表組みだと、「Excelで出来ていたあれはどうやってするの?」「出来るには出来るけど操作がめんどくさいよ」ってことが結構出てきます。

今回はよく使う「セル結合」について。

Excelの場合、ショートカットキーならF4キーCtrl+Yキー、あとは上の方に表示されているアイコン内のセル結合のところを使ったり、右クリックのセルの書式設定配置タブ内から選ぶことが出来ます。

Numbersショートカットキー設定方法

1.システム環境設定の中のキーボードをクリックします。

 

2.ショートカットタブを選択して、アプリケーションを選択し、をクリックします。

 

3.ショットカットを設定するアプリケーションメニュータイトルショートカットキーを設定します。

 

メニュータイトルはNumbersのメニューに書いてある通りに記載する必要があります。

例えば、「セルの結合」と設定しても、そのようなメニューはないので追加はできますが反応しません。必ずメニューに表示されているとおりの文字を正確に入れる必要があります

最後に追加を押せば、設定完了です。

以外に簡単でしょ?

他のアプリケーションも同じようにショートカットキーを簡単に追加できるので、効率化を図りたい人はバリバリカスタマイズするのもありですね。

すでにショートカットが設定されている場合

アプリケーションに元から設定されているショートカットについてはどうなるんでしょうか?試してみました。

今回は、よく使うショートカットキーの代表「コピー(⌘ + C)」を、Numbersの「すべてを消去」にしてみました。

 

そうすると、コピーのところのショットカットキーが無くなって、すべてを消去のところにショットカットキーが表示されます。

 

つまりアプリケーションでデフォルトで設定されているショートカットキーを使うと、変更されてしまうということです。

この辺を踏まえてカスタマイズしたら、自分の手の届く範囲でショートカットキーを揃えることも可能ということです。メニューによっては片手では押せないようなものもあります。

頻繁に使う機能なら、ショートカットキーをカスタマイズするとストレスも減るはずです。

お試しあれ〜。